MENU

くるぶしの黒ずみを解消したい!

ある日、急にくるぶしの黒ずみが気になり始めた私は、
何とか黒ずみをとりたいと躍起になって良いと言われる方法を片っ端から試してみたところ、くるぶしの黒ずみ解消クリームでおばあちゃんのようなくるぶしの黒ずみを取り去ることができました!

 

くるぶしの部分が黒いと何だか汚れているようで人に見られるのが恥ずかしくて素足にもなれず、本当に憂鬱な日々を過ごしていましたが、今はこのくるぶしが自慢になるくらいツルッツルです。

 

どんな方法でも良くならなかった私のしつこいくるぶしの黒ずみが解消した方法とこれから先、黒ずみを作らないために実践している予防方法をお伝えしていきますね。

 

 

おすすめの「くるぶしの黒ずみ解消クリーム」はこれ!

私のくるぶしの黒ずみをしっかり解消することのできたクリームは、
「くるぶしの黒ずみ解消クリーム」というものでいくつか種類があります。
どの商品を選んでも失敗したということがないくらい安心して使うことができるものばかりです。
気になるものを選んでみてください^^

 

 


黒ずみだけじゃなく消臭効果も嬉しいアットベリーは、肌の黒ずみケア部門で、価格・信頼・満足度・人気・安心、安全の各5部門で第1位をとるほどの人気商品です。雑誌などたくさんのメディアでも紹介されていて、モデルさんなども使っていることから人気となっています。くるぶしなどの肌の黒ずみだけじゃなく、ワキのケアにも効果的です。パッケージも可愛いので使うのが楽しくなっちゃう感じで女性にオススメです。

アットベリーの特徴
価格 通常価格6,800円。定期コース申し込みで初回が4,800円、2回目以降5,440円です。180日間返金保証制度あり。
内容量 60g(約1か月分)
成分 プラセンタ、グリチルリチン酸2K、天草フラボノイド、トウキエキス、エイジツエキス、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、トレハロース、アラントインなど
使用方法は? 朝と夜の1日2回たっぷり塗るだけ

 

 

 

ロコシャインは、ひじ・ひざの黒ずみケア部門で、効果が期待できる、使いやすさ、信頼できる、使ってみたいの4部門で第1位を獲得するほど人気です。2015年にはモンド・セレクションの銀賞を受賞しています。雑誌や新聞など様々なメディアにも紹介されているので、くるぶしの黒ずみなど黒ずみの悩みを抱えている人にとって有名なクリームです。

ロコシャインの特徴
価格 通常価格 7,900円。定期コースの場合は4,800円。毎月300名限定で初回3,480円でかなりの割引となっています。60日間返金保証あり
内容量 50ml(約1か月分)
成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタ、ユリエキス、バイオアンテージ、サクラ葉エキスなど
使用方法は? 1日朝晩の2回、しっかりと塗りこむ

 

 

 

色素沈着や黒ずみをリセットすることができると評判の高いラスターは、スキンケア大学のおすすめコスメに選ばれたり、雑誌など多くのメディアに掲載されるなど有名なクリームです。色素沈着や黒ずみといった症状を独自カプセルの技術によってナノ化配合しているので、根元の部分に浸透させることができ高い効果を得ることができるクリームです。

ラスターの特徴
価格 通常価格 6,800円。定期コースで申し込みの場合、4,750円です。60日の返金保証あり。
内容量 60g(約1ヶ月分)
成分 トラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、油溶性天草エキス、グリチルレチン酸ステアリルなど
使用方法は? 朝晩の1日2回使用

 

 

急上昇口コミランキングでその他ボディケア部門で第1位、ワキの黒ずみケア部門で商品力、信頼、価格の3部門で第1位を獲得しているわきの黒ずみなどの対策に効果的なジェルです。2015年にはモンドセレクション銀賞を受賞していて、多くの雑誌などのメディアなどでも紹介されています。最高級とも言われている潤い成分と、美白成分の効果によって理想的なお肌のターンオーバーによってワキやくるぶしなど黒ずみの気になる部分に効果を発揮させます。

ピューレパールの特徴
価格 通常価格 7,600円。 定期コースの場合4,750円です。60日間返金保証あり。
内容量 30g(約1か月分)
成分 プラセンタ、トリプルヒアルロン酸、コラーゲン、天然ビタミンE、米ぬかエキス、ビタミンC誘導体など
使用方法は? 朝晩の1日2回気になる部分に塗るだけです。

くるぶしの黒ずみケア商品の選び方

くるぶしの黒ずみケア商品を選ぶ時は、長く続けられるものを選ぶことが大切です。
黒ずみケア商品と人気のあるものはどの商品も品質はもちろん、
配合されている成分も良いものが多いのでどれを選んでも間違いないと思います。

 

だからこそ継続して続けられるものを選ぶことが大切です。
私はコスパが良いものそして、持ち運びできるものなどから選ぶようにしました。

くるぶしの黒ずみの原因は?

どうしてくるぶしが黒くなってしまうのでしょうか。私は、今まで特にくるぶしを意識して生活していませんでした。
気がついたら、何となくくるぶしの部分だけ触り心地が悪くなっていて、
なんとなく見た目も汚い黒ずんだ状態になってしまっていました。

 

こういうのって、顔にできたにきびと同じで、一度気になるととことん気になりませんか?
雑誌や人に相談しながら、この黒ずみを打ち倒すべく調べはじめました。
そしてくるぶしの黒ずみの原因はひとつではないということを知りました。

 

生活習慣による色素沈着

毎日なにげなく行動していることがくるぶしの色素沈着になるようです。
例えば、椅子ではなく床に座る習慣のある人は自然と正座をしますよね。
この正座がくるぶしに負担を与えてしまうのです。

 

古い角質が長年蓄積されて黒ずみとなる

くるぶしは、思う以上に日々の生活の中で刺激を受けやすい部位です。
また、くるぶしに保湿クリームなどを塗ってお手入れしているという人は少なく潤いが不足しやすい部位でもあるため、お肌は乾燥し、皮膚が硬くなり、角質層も厚くなることで、通常のお肌のターンオーバーが行われなくなる傾向が強いことから古い角質が蓄積されやすい部位ということで、黒ずみを起こしやすいのです。

 

血行不良から起こる黒ずみ

くるぶしのある下半身は、血行不良となりやすい部位のため、血色が悪くなりやすく黒ずみも起こしやすいです。
特に冷え性の症状にある人は要注意です。私も足が冷たいことが多かったので血行不良が原因のひとつなんだなと思っています。

 

摩擦や乾燥による黒ずみ

くるぶしは、生活習慣によって多くの摩擦を受けることになります。
特に床に座る機会の多い人は、無意識にくるぶしに摩擦を起こしていることが多いので、
少しでも摩擦や摩擦による乾燥を軽減させるために、靴下を履くという方法もあります。また、くるぶしに靴があたることで刺激となって黒ずみとなることもあるようです。

 

日焼けなどの紫外線による黒ずみ

くるぶしは足元だしそんなに紫外線も浴びることはないだろうと思っていませんか?
日焼けなどの紫外線は、紫外線が発生している場所では、部位に関係なく浴びているので目立たない場所だからこそ日焼けなどの紫外線対策は必須です。

くるぶしの黒ずみの治し方は?

くるぶしの黒ずみの治し方は、私も色々実践してみました。
結局は、黒ずみを治すことのできるクリームを塗ることでキレイなくるぶしにすることができましたが、クリームと平行でくるぶしの黒ずみを治す方法を実践したからより高い効果が出たのかもしれないって思ってます。
それほど難しいものはないのでできそうなものを是非実践してみてくださいね。

 

下半身の血行を促進するよう心掛ける

どんな人でも下半身の血行は滞りがちだと言われているようですね。私もよく足の冷えやむくみを感じることが多いです。くるぶしの黒ずみの原因に下半身の血行不良があると知ってからは、入浴の時にふくらはぎを優しくマッサージするようにしていました。それだけでむくみも解消できるしスッキリしますよ。

 

ワセリンでくるぶしの黒ずみを解消

まだ黒ずみようのクリームを購入していなかった頃は、しっかりお風呂でケアした後に保湿された状態を維持するためにワセリンをたっぷり塗ってカバーしていました。これは効果があったどうかはわかりませんが、ちょっとゴワゴワ気味だったくるぶしの皮膚が日を重ねるごとに柔らかくなっていった気がするのでやっぱり効果があったと思います。

 

くるぶしに負担をかけない生活

普段の生活が椅子ではなく床に座るという場合は、どうしてもくるぶしに負担がかかってしまうようです。私も床に座る方が落ち着くので座っていますが、意識してくるぶしが当たらないように、靴下を履く習慣をつけるようにしました。

 

摩擦を与えない

床に正座で座る、靴がくるぶしにこすれてしまうなど何気ない日常生活の中には、くるぶしに摩擦を与えてしまうことって実は多いのです。まずは何がくるぶしに摩擦を与えているのかを確認するところから始めると良いですね。

 

保湿をたっぷりして、潤いを与える

ついついくるぶしのケアを忘れてしまうのは誰も同じではないでしょうか。手や足、顔などは毎日保湿ケアしてキレイでもくるぶしって盲点ですよね。「まずはくるぶしから」と思って意識してたっぷりと潤いを与えるようにするだけでも違ってきますよ。

 

どのような季節でも紫外線対策をしっかり

紫外線の心配は、下半身のくるぶしも顔も同じなんだという意識をまずは持つようにしましょう。私は、裸足になってもくるぶしに日焼け止めクリームを塗ることって今までなかったなと思ってから意識するようにしました。

 

規則正しく過ごし、代謝アップを心がける

規則正しい生活は健康はもちろんですが美容にも必須です。それはやっぱりくるぶしの黒ずみにも効果があるんですよね。代謝がアップすれば、それだけお肌のターンオーバーも正常化するのでくるぶしの黒ずみのケアの結果を早く出すことにつながります。

 

専門ケア商品を使う

私は、黒ずみを解消することができるというクリームを塗ることでくるぶしの黒ずみを早く解消させることができました。やっぱり専門ケア商品って違いますよ。でもすぐに効果を感じることはできないので、きっちり続けることが一番大切です。

 

クリニックで黒ずみ治療を受ける

どんなケアを行ってもなかなかくるぶしの黒ずみを解消させることができないという場合は、思い切って皮膚科などのクリニックで治療を受けるという方法もありますね。半年、1年ケアしても改善しなかったら私もクリニックに行こうと思ってました。

くるぶしの黒ずみを応急に隠す方法は?

くるぶしの黒ずみは、ケアを始めてもすぐに改善するとは限りません。
でも、急なパーティなどがあってくるぶしを出す機会があった時にくるぶしの黒ずみがあったら、それだけで憂鬱ですよね。
そんな時は、応急的に隠す方法をぜひ実践してみてください。

 

私は気になるくるぶしの黒ずみの部分に普段顔に使っているコンシーラーを塗ってさらにファンデーションを乗せてカバーしました。
パーティーの時間帯くらいは余裕で隠すことができましたよ。
この他にも、足専用のファンデーションやエアストッキングなどでカバーしている人もいるみたいですね。

くるぶしの黒ずみの間違ったケア方法

くるぶしの黒ずみは、気になってしまうと何とか早くキレイにしたいと思ってついついゴシゴシ洗ってみたくなりますよね。
くるぶしの黒ずみは汚れているからなっているのではないので、ゴシゴシ洗ってもキレイになることはありません。

 

逆にゴシゴシ洗うことでお肌が傷んでしまうので、皮膚が硬くなってしまいより一層黒ずんで見えてしまうので、
黒ずみの部分はできるだけ刺激せずに優しくマッサージする感覚でケアすることが大切です。

皮膚科でのくるぶしの黒ずみ治療とは

くるぶしの黒ずみが自分のケアではなかなか改善させることができないという場合は、皮膚科で治療を受けるという方法も選択肢のひとつとしても良いかもしれませんね。
では皮膚科で行われるくるぶしの黒ずみ治療には、どんな方法があるのでしょうか。

 

くるぶしの黒ずみの皮膚科での治療法3つ

くるぶしの黒ずみを皮膚科で治療する場合、3つの方法があります。受診する皮膚科の医師によって選択する治療方法には違いがあるようなので、まずは治療方法を確認して納得した上で治療を受けるようにしましょう。

 

黒ずみ除去のためのレーザー治療

黒ずみを解消させるのに一番効果があると言われているのがレーザー治療です。ただし、保険が適用とならないため治療にはそれなりの費用がかかってしまうことと、治療後のケアをしっかり行うことが必須となっているのでしっかりとケアを行う意思が大切です。

 

ハイドロキノンクリームを使った黒ずみ解消治療

日本では医師の処方箋がなければ手に入れることのできないハイドロキノンクリーム。このクリームでケアすると皮膚の黒ずみやシミやシワ、ニキビなどを改善させることができると言われています。医薬品なので皮膚への刺激が強い場合もあるので医師の指示の元で使うことが大切です。

 

トレチノインクリームを使った黒ずみ解消治療

トレチノインという成分が配合されているクリームで、お肌のターンオーバーを正常化したり、コラーゲンの生成を促すなどの効果があるクリームで、医師の指導の元で使用することで安全に使用することができるクリームです。

 

まとめ

くるぶしの黒ずみは、ある日突然できるのではなくて
きっと何年もかけてジワジワと黒くなっていっているのだろうということが自分の黒ずみのあるくるぶしを触るとわかるくらい歴史を感じてしまいましたが、
だからこそ時間をかけてじっくり取り組むことで黒ずみを少しずつ解消させることができました。

 

そんなに簡単にはキレイになりませんでしたが、
でも今は黒ずみのないキレイなくるぶしで素足でも隠す必要もなくいい感じです。
ちゃんとキレイになるので少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

更新履歴